噛み合わせ

噛み合わせは全身の健康状態に影響します。
噛み合わせは、全身の健康状態をバランスよく保つために、重要な役割を果たしています。症状としては、「肩こり」「首回りのコリ」「腕の痛み」「目のかすみ」などがあります。歯の噛み合わせが合っていれば、大きな力が歯に加わった場合でも噛み合わせに働く筋肉に、余計な緊張が起こることはありませんが、噛み合わせの位置がずれていると、たとえ強い力で噛みしめることが無くても、筋肉には常に緊張が生じるため、体調不良の原因となります。

顎関節症について

顎関節症とは、あごの関節(顎関節)周辺に「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」 などのような何らかの異常がある状態を指します。障害がおきる原因としては、顎関節部にある筋肉の緊張によるものと、器質そのものの障害がある場合が考えられます。そのほかに、心理的原因によっても、顎関節症が起こることが知られています。顎関節症は、子供から高齢者まで幅広くみられる病気ですが、特に20歳代前半と40~50歳の女性に多い病気であることがわかっています。

顎関節症の自己チェック (これらの症状がいくつかあると顎関節症の可能性があります)

顎が痛い
  • 何もしなくても顎や、そのまわりに痛みがある
  • 口の開閉で特に痛みがあり、ちょっと顎を動かしても痛むことがある
口を大きく開けられない
  • 大きなあくびやリンゴの丸かじりができない
  • 人さし指から薬指まで指3本が入るところまで口が開かない
顎が疲れる
  • 食べ物をかんでいると顎がだるくなる
  • しゃべっていると顎がくたびれる
口を開けると音がする
  • 口を開閉すると耳のそばでカクカク、ジャリジャリなどの音がする

〜自己チェックの結果気になる症状があった方へ〜

サンプル画像
「口が開かない」「口を開けると音がする」という方は多くの場合、
一時的ではありますが、「口が開くようになる」「口を開けても音がしなくなる」ようにできます。
その診査によって、その後の治療方針も決まりやすくなります。

アキシオグラフ(ガンマ社)

顎の動きや噛み合わせを検査するシステムです。顎関節症の方、噛み合わせに問題のある方がどこに原因があるのか?そして理想的なかみ合わせはどうあるべきなのかを、3次元的に診査してコンピュータで解析し、治療に生かすことができます。
患者様の声