杉山歯科医院

かみ合わせの治療(顎関節症の治療)について

「かみ合わせ」を治すことは、単によく噛めるようになることだけを指すわけではありません。
かみ合わせを治すことで次のようなことをよく聞きます。

肩こり、頭痛が軽減した

これは夜の歯ぎしりや食いしばりのパターンが変わることで、夜間に余計な力を使わなくなることで実現できます。(ブラックスチェッカーというものを使って診査します)


ブラックスチェッカーという薄いシートを使って歯ぎしりの有無、場所を特定します。
使う前はすべて赤色ですが(左の写真)、歯ぎしりをしている部分は右の写真のように色が剥げていきます。


前歯が接触できるように治療した後は肩こりと頭痛が全くなくなりました。

夜ぐっすり眠れるようになった

これはかみ合わせがよくなったことで気道が広がり、酸素を取り入れやすくなり快適な睡眠が得られるようになるためです。


術前の左側の黄色い線で囲まれている気道に比べて、術後の右側は赤い線が示すかみ合わせの材料によって下あごが前方に位置しており、かみ合わせの高さも高くなったので、気道が広がっています。

口を開けても顎の音がしなくなった

音の原因の多くは「復位性関節円板前方転位」といって、関節の動きを滑らかにする関節円板という組織の位置が、かみ合わせによってずれてしまったために起こります。
アキシオグラフという機械を使って音が鳴る位置を正確に診断し、



矢印の部分をクリックすると、その座標が表示されます。


正しい位置で噛めるようにすることで音は消えるようになります。

姿勢がよくなった

下あごが後ろに入っていて、かみ合わせの高さが低かったため、顎を前に突き出して呼吸をしていた患者さんです。
レントゲン上で見える白いかぶせものを入れることによって下あごの位置が正しい位置に整ったので、姿勢を崩す必要がなくなることでストレートネックがきれいなS字状の湾曲を描くようになりました。



術前の左側の黄色い線で囲まれている背骨はストレートネックを示しますが、術後の右側は赤い線が示すかみ合わせの材料によって下あごが前方に位置しており、きれいなS字を描く背骨のラインになっています。

耳のつまりが無くなりよく聞こえるようになった

顎の関節と耳は非常に近接しています。
歯の接触関係が変わり関節の位置が後ろに移動してしまうと、耳の周囲の神経などを圧迫して耳が聞こえにくくなることがあります。
顎の位置を正常に戻せば聞こえ方が正常に治るわけです。